イラストレーターSenJ4のブログ■女性イラスト・水彩画・キャラクタ・建築パース/鳥瞰図・エアブラシなどGalleryでOver800点〜の幅広いタッチを掲載し、お仕事を承り中!素材集もOK♪
  
<< イベント用全面イラスト・ポスター制作過程 1:打合せ編mainイベント用全面イラスト・ポスター制作過程 3:フォトショ編 >>
イベント用全面イラスト・ポスター制作過程 2:イラレ制作編
イラスト制作の現場
こんにちは!広告媒体イラストレーターのSenJ4です。今日は全三部作の中編です。

このブログはなかなか聞けないプロ広告業界での話やフリーの心構え・実務的な話をエントリーしています。
これからイラストレーターを目指す人や、フリーランサーとして活動して行きたい人向けへの記事ですので、
ある程度イラストが描ける方を対象にしています。他で聞けないマニアックなお話し満載!なコラムです。

※尚、私の場合は水彩画など筆や絵の具を使うアナログなイラストから illustratorとPhotoshopを使うデジタルまで幅広く描きますが、ここではアプリの使い方など解説はほとんど出てきませんのでご了承下さいね。
-----

《 どう描いてゆくか考える・・・ 》

前回の《 イベント用全面イラスト・ポスター制作過程 1:打合せ編 》では、オファーを受けてからどんな打合せを行ない(クライアント次第や付き合いの長さなどで打合せの仕方も様々)、何を描くかを煮詰めて、ラフを起こしチェックを受け、実際に描くイラストの下書き制作までの一例をエントリーしました。

尚、実際の観覧車の下部(屋根の上)にはエアコンの四角い屋外用排気設備が多数あり、その部分で見えなくなった鉄骨の構造を解析する必要性を強いられた為、思った以上に下書きに時間を取られてしまいました。

仕事で描くイラストは、このカタチを起こすと言うのが一番重要です。
イラストの良し悪しは「カタチで決まる!」と言えます。

これがキッチリ決まれば、クライアントもどんな絵が上がってくるのか容易に創造が出来ますし、こちらの作業としては、指示されたイラストのタッチに合わせながら進めて行けば良いだけなのです。
そしてフィニッシュまでどれくらいの時間がかかるのかも把握出来てきますね。

僕のデジタルイラストの場合、イラストの輪郭のラインはタッチの表現の一部なので残す事がほとんど。
あと僕のイラストは基本的に明るいです。逆に言えば暗い作品は描きません。根が明るいって言うのもあるんでしょうけどね(笑)広告のイラストを描き続けていると、暗い作品は似合わないのですよ。

さて、今回は漫画タッチと言う事でどう描くかを考えた時に2つの選択肢があります。

1:アナログとしてペン画で描いてスキャンしてMacで着色する
2:デジタルとしてイラレでカタチを起こし、フォトショに持って行って着色する


この2つです。手描きの感じがイイかな〜....と最初はペン画で試しに描いて見たのですが、後々の事を考えると問題が発生します。
このイラストの最大の難関、「観覧車」の鉄骨の間と間の着色です。
イラストの背景は全面に空が来ます。つまり、観覧車の鉄骨の隙間に青空のグラデが入ってくる訳です。
それにスキャンもデカ過ぎて大変。う〜ん、この作業の手間を考えると1のアナログではムリだな、と結論。

2のイラレで描いてしまえば後からの修正もラクだし、フィルター処理など後々便利だと判断しました。




《 実際にカタチを描いてゆく・・・ 》


さてここからフィニッシュ作業開始。でき上がった下書きをまずスキャナで取り込みます。
印刷用ポスターですが、取り込む時の解像度は通常300ppi(dpi)あれば十分。
実際のB全判ポスターは遠くから見る為にスクリーン線数は低くて良く、雑誌と違って近くで見るとけっこう網点が荒いんですけどね。
ただ今回の原寸サイズはB全判タテ1030 ×ヨコ728+α mmと横幅を伸ばした四角いサイズなのですから、僕のA3ワイドのスキャナでも大変です。分割で取り込んで張り合わせなければなりません。
実を言うと、実際の下書きのサイズはA2サイズ程度 なんですよ。これなら2分割でスキャン可能。

何故原寸がB全+αサイズをA2程度の縮小で描いたかと言うと、理由は2つ。
illustratorを使えば解像度に依存しないので、あとからいくらでも原寸大に拡大出来るためです。
それをフォトショに持って行く時に原寸大にすれば良し!この点がイラレの一番ラクな部分ですね!(^_^;) 

それに、原寸大の大きさで描いてしまうと、つい描き込んでしまいがち。例えば背景のビル群とか。
でも、B3ポスター用にも使うので細かい部分は潰れてしまいがちなので書く意味を成しませんしね。

Photoshopで1枚の下書きに整形した後はillustratorへ取り込んでレイヤー使いまくって描いて行きます。

乾杯のビールやジンギスカンなどを持つ手、観覧車、屋根と紅白幕、青空から舞い落ちる桜吹雪、背景のビル群、など.....グループごとにレイヤー分けしてです。
ちなみにラインカラーはブラックでは無く、赤茶系にしています。

そうそう、CS5のPhotoshopに「カンバスの回転」がありますが、これは描画時にとても便利!
ですが、CS5のillustratorにはこの機能が無い!.....この機能は是非欲しいですね....
Intuos 4などペンタブで描画する時に回転出来たら凄く重宝すると思うんだけどね。Adobeさん、いかが?

下図が最終チェック後のライン取りが終わった時のショットです。



こうして実際に多くのレイヤーを駆使して1枚のイラストのカタチを創ってゆくわけですね。
一番手前のイラスト部分に(ここで言えばビールと手)重なった下のイラストは、データ量を減らす為に重なり部分は極力描いていません。最終的にPhotoshopでラスタライズする際のデータを軽くするためです。
illustratorで複雑な筆ブラシを使い過ぎると、ラスタライズする際にえらく時間がかかりますから。

今回はフリーなラインを鉛筆ツールを使って均一なラインで描いています。
慣れてるペンツールでもイイんですけどね。ちなみに直線はペンツールの方が早くてラクです。
そして重なりを考えながら各レイヤーをそれぞれのグループにまとめておきます。

最終的には遠近感をつける為に各グループごとに(グループ内でも)線幅は微妙に変えるのがポイント。
線幅の編集作業は全体を描き上げた後に、着色後に調整して全体のバランスを見ます。
手前のイラストのラインは太くし、奥のグループへ行くに従いラインは細く・・・といった感じです。
今の段階では線幅に大きな差が無い状態になっています。

僕はマウスでもペンタブでも同じようにラインを引きます。両刀使い(笑)
ちなみに僕のIntuos 4では以下のようなファンクションキー設定にしてます。
初期設定には「取り消し」が無いのでホイールの上に「取り消し ⌘+Z」をセット!



ホイールの下は初期設定と同じ、シフトキーです。元に戻したかったらこの⇧キーと「取り消し」を押せば、「取り消し」を取り消す(やり直す)ことが可能ですし、指の配置的にも人さし指でホイールを回せるのでベストなキーポジションとなります。「やり直す ⇧+⌘+Z」を登録しないのは不用意にキーを押し間違う事を防ぐため。

《 カタチにカラーリングをし確認用画像を作る・・・ 》

これにillustrator上で基本となるカラーリングを施します。あ、印刷用なのでカラーモードはCMYK。
色は後からいくらでも変更出来るのがデジタルの便利なところ。イイ時代になったものだ。

では、これからの作業がどのように進行してゆくのか?について書いておきましょう。

制作進行の過程を追ってみると、まず確認用にとりあえず全体に着色してみて色味を見ます。
この時点では各グループ分けした線画の線幅はほとんど差が無い状態です。

バックの青空は最後に。広い面積の空なので、カラーリングで全体の印象がかなり変わって見えてきます。
RGBの場合、この青空の色が実に鮮やかに奇麗に見えますが、商用印刷のインクではまず表現出来ません。
CMYKのシアン系はとても色域が狭くて、色が沈みがちなんですよね。特に紺色の空は極端に変化しますね。

空のグラデと色味が決まったら、Photoshopへ持って行き、立体感を出す為の作業へ移ります。
データをラスタライズしてからブラシで影をつけたり、背景をボカシたりして行きますが、
とりあえず全体に着色したものをチェックの為にデザイナーさんへ送り、判断を仰ぐことにしました。
このイラストの上にイベントタイトルやその他諸々のフォントや写真が載せられるからです。

そのレイアウトが早く見たいな〜.....と思ってたら、数日後にやってきました。多少の追加修正と共に。

こうして指示された手直しをし、フィニッシュ用の着色へ進んでいきます・・・・

.....という着色過程と完成ポスター制作物一式は、次回《 3:フォトショ制作編 》でエントリー !



プロではないあなたのためのIllustrator


■広告・出版業界で活動中のイラストレーターSenJ4のコラム by illustclub.com | comments(0) | - |
コメント
コメントや質問があればお気軽にお書き下さいネ▼尚、承認制です。





 


SenJ4のコラムへようこそ!
広告業界のプロが新鋭クリエーターの
人達にお届けするお役立ちコラムです
体験談メインにズバッと書いてるので
現場に即した情報や内緒の話が満載♪
            
私のギャラリー《 illustclub.com 》には
女性イラスト・水彩画・キャラクターや
Tシャツ・4コマ漫画・建築パース...まで
Over750点の幅広いタッチが満載!
 
SenJ4イラストギャラリー♪
 お問い合わせもこちらから!

Mac好き集まれ〜のブログ♪




日本イラストレーター協会


SenJ4■メンバーNo: 945
アートファイルNo: 704


SenJ4のPortfolioの一部公開

ページランク

 → プライバシーポリシーについて
▼カテゴリ別に読む
▼最近のコラム
SenJ4のオススメ♪

 ▼なんと容量50GBにパワーアップ♪

ロリポップ!
イラストギャラリーに最適!
SenJ4のサイトもコレ♪安っ!
1GBの無料ブログ3つも作成可能♪
WordPress簡単インストール!



★チカッパプラン 登場!
120GB大容量で月額500円〜
マルチドメイン、SSH対応
5つの1GBロリポブログが付属♪
WordPressも設置カンタンだよ


▼オリジナルドメイン取らなきゃ!

検索窓に打ち込めば取得可能な
jp・com・net...などが出てくるよ!

申し込みもOK!SenJ4もココ♪



マイフィギュア
コレはリアルなフィギュアです!
写真から本当に驚くほどそっくりな
ミニチュア人形を創ってくれます♪



WordPressクイックインストール!
全てが揃った究極のレンタルサーバ、
さくらのレンタルサーバ ビジネス



大容量・高機能レンタルサーバー heteml
▲クリエイターも喜ぶ256GBの容量!
動画のストリーミング配信もできるよ!
作品集を創ろう!

MyBook
▲イラストや写真を自分でレイアウトし
高品質なフォトブックを作れます!
スライドショーの公開も出来ますよ〜♪



写真の共有も保管もここひとつで
●●●30days Albm PRO●●●
クリエイター必携の本
プロになりたい人への本
Special Books Shop
This is Best Buy♪

ワイヤレスキット・付属ソフトを標準装備で「Intuos Pro」として進化した!

wacom Intuos Pro large Lサイズ PTH-851/K0


イラストレーターに必須のフォトショとイラレが入った単体版ラストのスイーツ!

Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Macintosh版 アップグレード版「A」(CS5からのアップグレード)


Mac OSとWindowsの両方でAdobeのクリエイティブツールが使える!

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 Macintosh版 [オンラインコード] [ダウンロード]

お役立ちLINKS
素敵サイト・リスト
 
 
 
 
 
 
RECENT COMMENT
 I'm illustrator
SenJ4のTシャツデザイン
▼Tシャツ・デザイン ギャラリー



ニャンコTシャツ
▼漫画家・野間美由紀さんオーダー



▼マクプー_MP01

▼マクプー_MP02

▼可愛いニャンコ大集合♪

▼愛まっくんPeople ※超人気!

▼愛まっくんPeople ※レディース用

▼まくぶっくんPeople
ARCHIVES
Powered
サイト内検索▼
os_brouse.jpg





PAGETOP